歯医者に通うために必要な費用を確かめよう

早めに歯医者に行こう!

歯医者は歯が痛くなる前に行きましょう。歯の症状が悪化してしまうと、多額の費用がかかってしまいます。なので、歯に違和感を感じたら歯医者に行くことをオススメします。名古屋には有名な歯科が多くあるので確認してみましょう。

歯の進行度合いによる費用ランキング

no.1

重度の虫歯

痛さが我慢出来ないほどの虫歯になってしまうと、最終的には抜歯をしなければなりません。抜歯までの場合は保険診療で治療を受けることが出来るので、費用は1~2万円程度です。しかし、抜歯の後の治療は自由診療になるので3万円~の費用が掛かるようです。

no.2

中度の虫歯

歯が黒くなり、痛みが出始めの虫歯の場合は保険診療が使えます。しかし、2000~1万円程度かかってしまう場合があるので気をつけましょう。中度の虫歯の場合は、症状の具合によって詰め物をして当日で終わる場合と、何回かに分けて通院する場合があり、通院になってしまうと更に費用がかかってしまいます。

no.3

初期段階の虫歯

初期の段階で治療が出来れば、2000~5000円以内に費用を抑えることが出来ます。黒ずみがなく、白く濁っているだけの状態なら削ることなく治療することができ、正しいブラッシングをすることによって改善することができます。

歯医者に通うために必要な費用を確かめよう

男女

保険が適応する治療

歯の治療の多くは保険が適応されることから、患者の負担が0~3割負担になります。この治療のことを保険診療と言います。保険診療は国で治療にかかる費用が決まっているので、どの歯医者に行っても費用が異なることはありません。

保険適応外の治療

保険が適応しない場合の治療のことを自由診療と言います。自由診療は医院側で金額の指定が出来ます。保険が適応しないため、治療費は全額自己負担となってしまいます。なので、保険適応外の治療をする場合には費用の確認をしっかり行ないましょう。

二つの診療の違い

保険診療と自由診療の違いは、悪いところを治すのが保険治療、歯の見た目をキレイにするのが自由治療という違いです。歯の悪いところを治す治療のみなら保険は適応されますが、ホワイトニングなどの審美の治療の場合は美しさを追求していることで保険の適応が難しいようです。しかし歯医者によっては、やすい費用で治療を受けることが出来る場合もあるので確認しましょう。

前歯は保険診療

歯をキレイにする審美の治療の場合は自由保険になってしまいますが、前歯に審美の治療をする場合には保険診療が適応する場合があります。前歯の治療をした場合銀歯などをしてしまうと、不自然になってしまいます。そういった理由で前歯の場合歯白い被せ物をしてもらえる場合があるのです。しかし、その場合の多くは安いプラスチック製の素材になってしまうのでしっかり確認しましょう。

広告募集中